玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説

玄関

業者に依頼する際には

最近のインターホンはただ来客を知らせるだけではなく多機能となっており、取り付けは專門の業者に依頼するのが一般的となっています。取り付け工事の申込みはインターホン購入時に同時に行うのが簡単ですが、それが出来ない場合には前もってインターホンを用意してから申し込むようにしましょう。

手

壊れた場合は早めの交換

インターホンを激安で購入したいのなら、工事費用のことも考えて製品選びをおこないましょう。ただし、現在ではワイヤレスタイプのインターホンも販売されているため、そちらを購入すれば工事の必要がなくなります。

呼び鈴

防犯にも役立つように

来客を知らせてくれる機能を持ったインターホンですが、最近ではそれ以外にもテレビドアホンと呼ばれるモニターの付いた防犯にも役立つものが人気となっています。そういったインターホンは配線工事などもしないといけないので、故障や火事を防ぐために專門の業者に取り付けを依頼する人が増えています。

工具を持つ人

依頼前に確認が必要

インターホンの設置工事は基本的にな工事で1万円前後の費用でできます。工事を依頼する前に設置場所に関して高さや来客との位置関係などを確認しておくとスムーズに施工できます。既存の配線を利用するか否か、無線タイプの商品を選択するかなどで費用は変動します。

ドア

マイクだけの製品が主流

インターホンを激安で購入する場合は、カメラが付いていないマイクだけの製品が主流です。ドアを開けずに訪問者の確認はできますが、容姿を確認することはできません。しかし、音声変換や無線機能を搭載している製品もあります。また、カメラ付きで激安の場合は、接続方法とアフターフォローの確認が必要です。

玄関

多彩な機能で防犯対策

インターホンは玄関を開けずに来客対応ができる大変便利な電化製品です。モニター付きや子機を持ち運びできる機種など豊富な種類があります。スマートフォンに連動させることで外出先でも来客対応ができたり、モニター録画機能などで不審者の証拠を残すこともできます。取り付け場所に注意して防犯対策に役立てましょう。

作業員

留守がちな家庭に最適

インターホンは設置工事がかんたんで最新の機種は多彩な機能を搭載しています。留守がちな家庭に便利なのが録画機能がついた商品やスマートフォンで応対ができる商品です。子機を増設できる商品もあり二世帯住宅でもスムーズに応対ができます。

来客を知らせる役割

作業員

新規の工事や交換など

インターホンはチャイムの音で来客が来たことを知らせるもので、戸建て住宅やマンションに設置されています。インターホンが付いていない住宅に新しく取り付ける場合は、配線工事を行う必要があります。電源と直接つながっているタイプのインターホンの場合、取り付け工事を行えるのは電気工事士の資格を持っている事が条件となっているものもあるので、専門の業者に連絡をして電気工事士の資格を持っている人に依頼をすると安心です。古くなってしまったインターホンの取り換えは、新しく配線を工事する必要がないケースも多く比較的簡単な工事で済みますが、電気タイプのものは自分で作業をせずに業者に依頼をした方がきちんと取り付けする事が出来ます。最近普及しているカメラ付きのインターホンの中にはワイヤレスタイプのものもあり、この場合は配線工事をする必要がないので、簡単に取り付けをする事が可能です。インターホンを購入する際に電気工事士の資格を持っていなくても取り付けが可能であるかを確認し、資格不要で取り付け可能なものであれば、自分で交換することも出来ます。電気工事不要のインターホンを自分で交換する場合は、古くなったインターホンのネジを取り外し、説明書をよく読みながら新しいワイヤレスタイプのインターホンを取り付けます。ワイヤレスタイプで電気工事不要のものは乾電池で充電するタイプのものが多く、定期的に電池交換をする必要があるので、自宅に交換用の乾電池をストックしておくと便利です。

Copyright© 2017 玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説 All Rights Reserved.