玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説

多彩な機能で防犯対策

玄関

外出先でも来客対応が可能

近年、ほぼ全ての住宅に設置されているインターホン。最新式のインターホンは使いやすさの向上はもちろん、不審者などに対しての防犯機能も搭載しており、無くてはならない電化製品のひとつです。インターホンには誰が来たのか確認できるモニター付や、子機の持ち運びができるワイヤレスタイプなどさまざまな種類がありますが、取り付け場所を間違えると設置する意味が無くなってしまいますので注意が必要です。インターホンの取り付けのポイントは、設置場所と取り付ける高さです。場所については夜間の映りをよくするために、玄関灯や門灯の位置を考慮して、影で顔が暗くならないような場所に設置するのが取り付けの基本です。高さは床から120センチから145センチの間が一般的です。モニター付の場合カメラ角度調整レバーが付いているので映る範囲を確認して設置すると良いでしょう。インターホンを設置すると玄関を開けることなく来客者と会話して確認できるため、防犯性と利便性の向上のためオートロックと連動している機種もあります。また、親機の設置場所まで行かなくても子機を屋内のいくつかの場所に設置しておけば、家のどこにいても来客の対応ができるので便利です。さらにスマートフォンと連動させることもできるので、外出先でも来客対応をすることも可能です。他にもモニター画面を録画する機能を搭載した機種もあるので、不審者の証拠を残すこともできます。このように機能豊富なインターホンを設置して、防犯対策に役立てましょう。

Copyright© 2017 玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説 All Rights Reserved.