玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説

留守がちな家庭に最適

作業員

複数世帯向けの商品も

インターホンはさまざまなタイプの商品が発売されていて、目的や予算に応じて最適な商品を選ぶことができます。工事費は設置場所や設置するインターホンの種類、既存の配線を利用するか否かなどで違ってきますが、基本的な工事費は1万円前後と利用しやすい価格になっています。留守がちな家庭に便利なのが録画機能が搭載されたインターホンです。カメラ付きインターホンで録画機能があるタイプの商品が増えています。子供だけで留守番をする事がある家庭にもこの機能は便利です。子供が留守番をしているときは応対しないようにして、帰宅後に録画で来客を確認するようにすれば防犯の観点からも安心です。二世帯住宅など複数の世帯がいる家庭には子機が増設されるタイプの商品が便利です。それぞれの世帯に子機を設置すれば、スムーズに応対ができます。子機の増設には工事が必要ないので、子機を増やしたいときに追加で増設することもできます。新規にインターホンを設置する場合に便利なのが無線で屋外と屋内をつなぐタイプの商品です。無線なので配線工事の必要がなく設置工事がかんたんにできます。設置のための工事費も安くなり、屋外の端末の設置場所も自由度が高くなります。門扉と玄関まで離れている場所などにおすすめです。無線は電波が届く範囲に限りがるため事前に距離などを確認しておく必要があります。一般的な日本の家屋なら無線タイプの商品でも十分に対応できます。呼び出しのみのシンプルな商品からスマートフォンで応対できる商品までインターホンはさまざまな選択肢の中から選べます。

Copyright© 2017 玄関のインターホンを取り付けよう|業者の選び方を徹底解説 All Rights Reserved.